クレジットというものを得ることを望むなら使用希望者当人がカードを所有可能な歳だというという制限があるのです。特例はないとは言えないけれども原則18?65歳くらいの範囲の所持希望者が受け入れ対象になっている一般則に着目してください。成年でない人父または母の同意を得ることが必要…まずはさておきはっきりしているのは利用希望者が高校三年生にあたる18歳未満だという時点に際しては、残念ながらカードの所持は不可能だと理解して頂いた方が賢明でしょう。義務教育修了と早くから、雇用されて手に職をつけている青年の方も数多くいらっしゃると思うが原付の免許証の類いと一切変わらず設定された年齢に達するまでの発行は条件的に厳しいとと判断して頂いた方が良いでしょう。18才や19才のケース:希望者が18才?19才だというぎりぎり大人でない方の条件であるケースにはずば抜けて安定した企業についているということで収入がとても高いという場合でも親権者の承認を得ることが前提条件とされるのでこうしたところでも留意することが必要になります。ちなみに、大学生もしくは専門学校通学者のような学生人々に応じて学生向けクレジットカードという生徒を対象とするクラシックカードが発行されているのでそういったクレカを申請するようにした方が間違いがありません(学生カードに対する申請でないと申請が拒まれるなどということはことも)。もしくは、自分自身でクレジットの交付手続きをしなくても、父親あるいは母といったご両親の方々が利用するクレカの家族カードを保持させてもらうということも一つの解決策であるゆえに色々と金銭に関する勘定が煩雑だというように考えているようであれば頼み込んでカードを作ってもらうのも効率的と言えます。18才であっても高等学校生はカードを所持できない:補足すると、仮に在学中に18歳であるとしても高等学校生はクレジットを基本上は所持するというようなことは可能であるとは言いがたいです。実際的訓練などを行うために存在する通常とは違った4年制や5年以上在席する必要のある高等学校(高等専門学校といった学校)の時については高校生でも学生カードの作成を許可される場合があるということなので所有を考えている状態であれば意中のカード会社の受付にまで電話してみて下さい