あいにく現実ではこの上なく珍しい例を除外して割引券売店で買い物をしてもカードを利用する事が出来る店舗はほとんど存在しないのです。そのような根拠からJCB、Diners clubなどの券を駆使した直接商品を買うのでないクレジットカード使用のモデルは大抵は実際に役立てるに近いだと考えられます。それならどういう方法を使えば直接的でないクレジットカード使用ができるのでしょうか?と聞かれるとその方法とは今の時代幅広く支持されている電子マネーという総称のEdy(エディ)、QUICPay、またはICOCA、nanacoなど。実のところ、電子マネー活用して間接クレジットを実行する事も可能になるのです。PASMO、Webmoney、Smart Plus、またはVISA Touch、nanacoなどはクレジットカードで注文する事ができる商品券:PASMO、Webmoney、Smart Plus、またはICOCA、WAON、nanacoなどに慣れていない人たちからしてみるとわけもなく面倒くさい思いを持たれるかもしれませんがそういう電子マネーというものはいうなれば変わったことのない券になります。JCB、MasterCard、NICOSなどのギフトカードと全く差異はないのです。またこれらの電子マネーというものはクレジットカードを運用してたやすく購入する事ができるのが特色であるのです。またそれらの電子マネーという物はスーパーをはじめとして、街ナカや多岐にわたる店舗等といった所でも実用可能なようにもなっている。「当売店ではカードはご使用になれません」といったように注意されている販売店でもEdy(エディ)、iD、Smart Plus、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなどを使用するなら活用できる時が多いのです(クレジットカードポイントが確実に貯められる)。いわばカードが利用できないショップであっても直接でないようにクレジットを使用する技で、クレジットポイントを貯めてしまおうということです。通常通り買い出しをエンジョイするに限られていると貯まらないポイントなため是非とも、実行法を確認してはいかがでしょうか。