カードの強制退会というものは言葉の通り有無を言わさずクレジットを失効(停止)されせらてしまうことを言います。強制退会になると対象のクレジットはその時以降はどんなことがあっても使えなくなる。強制退会となるパターンは様々)クレジットカードを理由の如何にかかわらず失効させられてしまうパターンは様々。まず購買で使うなどカードを使っている限りにおいては、あなたが没収となるケースなんて十中八九ないはずですので心配しないで頂きたいですが、強制退会となるかもしれないパターンについて記憶しておくことでクレジットカードをもっと気持よく使えるようにもなると想像できるためこちらではケースの一例を記述していきたいと考えています。真っ先に言えるのはカード発行会社の信頼されなくなる行動をすること、クレカの会社に対してマイナスとなるような行動をすることがなければ没収などということはないと思われます。安全に使用できるということが優先であるため、もう該当する類の行為をしてしまった過去がおありの人は以後は十分いい履歴データに挽回するように精進して頂いたいです。料金を弁済しない)こんなことは全く言わずもがなの対応でありますがカードで利用した代金をクレジットカード発行会社に支払いをしない利用料の踏み倒しをする、または恒常的に借入によって請求の支払いが出来ないという時には、必ず失効になるようになります。元はといえばカードの会社はあなたを信用しているからクレジットを渡しているわけであるから、あなた自身が返済を履行しない以上はそれまでの信頼は全部消えてしまうのです。このような理由でクレカを使用不可にすることによりその後の損害を阻止する処置を要するために、失効になってしまいます。