加盟店で全部のカードが使用できるのでもありません。▽クレジットカードの加入店は多くは、二つ以上のカードブランドと契約しているわけですが残念ながら全部の加盟店で全部の会社の契約カードが切れるわけじゃありません。例えば古い加盟店舗の際にはJCBのマークの入っているそのクレカしか決済できない場合もありますし、近頃の加盟店だとVISAとかMasterCardのブランドの入ったもののみしか決済不可なときもあります。ディスカバーカードのようなクレカならばいっそう使用不可な状況が増えるのではないでしょうか。何の印の所有クレカが決済可能かというのをどこで確かめたら良いか「ならばいかにしてどのような所有クレジットカードが使用できるかを判断したらいいか?」という質問ですが正しく知るんだとすると店舗の店員にお見せしてみるほかないというのが実はその答えになります。ただし多くのお店や料亭にはその入口のスペースに使用可能なカード会社の印がプリントされた認証マークが貼り付けられているため、「そうかそのお店ではアメックスが切れるのだな」ということが一目でわかるようにされてるし安心してもらえると思います。とはいっても、ちゃんと確認が出来ていない加盟店舗で切るときには印が掲示されている場合でも「当店舗では××クレカはお使いいただけません」なんて返答を受けてしまうケースもあるわけで途方に暮れてしまうこともあるでしょう。お勧めとしては可能な限りより多くの店舗で使用できるようにしたいならば異なる種類のグループ(海外ロゴ)がある一般的なビザカードMasterCard、JCB、といったクレジットカードを複数枚使えるようにしておくようにしたほうがいいでしょう(例として:JCBをすでに持っているなら他方はディスカバーカード付きのクレカを携帯するようにするなど等)。特に国内においては、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのマークが書いてあるカードを常時携帯しておけばほぼ99%以上の加盟店でどれかしらのクレカを提示するようスタンバイOKということになります。クレジットカードを契約して日々キャッシュレス生活を目指すためには、言うまでもないが少なくともこの3枚のクレカを契約しておいて損はないでしょう。