利用レシートの保管する必要性はあるか?解答をまず述べると保存する必要性はないと思います。人によれば所持することにより個人が利用した中身を持っていたいと考える際は残しておけばいいのですし、逆に証跡は必要でないのであれば保存する理由はないのです。とはいえ受け取る利用履歴との照合作業の際においては間違えなくこの明細レシートは不可欠となります。レシートをその時までは少なくとも保管していないと、どこで何月何日にどれだけの金額を使ったか?について定かでなくなることだけでなく、誤った請求や二重請求に関する照合さえもすることができないから気をつけなければなりません。おそらく使用した金額についてはレシートを持っていないと覚えておくことはできないはずです。できれば利用明細書類が届く前後は、レシートを所持したい。カードのレシート破棄手段》明細レシート廃棄のやり方はとにかく単純なのです。第三者に不正な使用をされないよう小さく破って廃棄するだけです。自家用裁断機等が自宅にあるようであれば用心のために使うのもありでしょう。なにせ利用内容を証する明細レシートなのだから、クレカナンバーなど個人情報の内容を特定される情報がいっぱい詰まっているのです。所詮利用レシートとは思わず廃棄は注意を払って行うようにしたいです。最近では安全対策のため利用レシートに番号等の機密の情報が書かれないケースも出てきているが油断は禁物と考えます。